くるぶしの色素沈着の主な原因と改善方法について

色素沈着は様々な場所に発生しますが、くるぶしに発生しているという人も意外と多いようです。くるぶしの色素沈着の主な原因は日常生活の中で起こる摩擦であり、症状が酷い人は日頃から摩擦が起こりやすい癖を持っている可能性もあります。くるぶしでしたら座り方や身につけるものでも摩擦の大きさは違ってきます。

 

摩擦が大きいと与える刺激が大きくなり、メラニンがたくさん生成されて色素沈着につながります。そのため、改善方法としては衣服は締め付けるようなものや常に接触するものを避けることが必要となります。また、体を洗う時にゴシゴシとこすることが原因で発生してしまうケースもありますので、力を入れずに優しく洗うことが大切です。

 

他の部位と比べる場合、くるぶしやひじは関節への衝撃を減らすために皮膚が厚くなっていますので、ターンオーバーが遅くなりがちです。ターンオーバーが遅れると古い角質が溜まりやすくなり、メラニンの生成も順調に行われなくなります。その結果色素沈着を起こしてしまいますので、改善方法としてはターンオーバーを高めるケアも必要です。

 

ターンオーバーを高めるための手段として、日々保湿をしっかりと行うことが重要です。保湿を行うことで新陳代謝を活発にし、細胞の生まれ変わりを促進させます。代謝が良くなって古い角質がどんどん排出されるようになると、厚くなった皮膚が改善されます。

 

皮膚が厚くなり過ぎてしまうと、保湿用の化粧品を使用しても上手く浸透しないことがあります。その場合、まずは早急に古い角質を落とすためのケアが必要になります。古い角質はくすみの原因にもなりますので、早めに取り除いておくことが重要です。

 

厚くなった皮膚の改善方法としては、ピーリング剤が有効です。ピーリングは顔のくすみを取り除いたりシミを改善する際によく使われていますが、体にも利用することができます。硬くなった皮膚を取り除くことで保湿用化粧品の浸透率がアップし、ケアの効果が出やすくなります。

 

このように、くるぶしの色素沈着には様々な原因が絡んでいます。原因となることを取り除くだけでも少しずつ改善させることができますので、まずは原因を知ることが大切です。症状を観察してどのようなケアが必要なのかが分かってきたら、そのケアを根気よく続けることも忘れてはいけません。改善させるためには根気が必要であり、日々の念入りなケアが5年後、10年後の肌に差をつけます。

 

おすすめのくるぶしの色素沈着対策クリームはこちら >>